このブログはプロモーション広告を利用しています。

2024リフォーム補助金 2024先進的窓リノベ事業

窓リフォームでカバー工法の費用は?2024補助金があなたを救う!ガラス交換と比較も調査。

窓リフォームのカバー工法の費用は?

窓リフォームでカバー工法の費用は
引き違いの1600×2050で定価が42万くらいで
工事費も併せると定価が70万前後になります。

実際の値段は工事費ふくめて27万~35万くらいです。
業者さんによって値段の差はあります。
2024年は先進的窓リノベ事業という制度で国から補助金がたくさん出ます。

カバー工法はAグレードになり、
11万7千円で、手出しも11万6800円です。

内窓だとSグレード、SSグレードまでいけますが
カバー工法はAグレードまでです。
”先進的窓リノベ”の補助金の大きい窓の場合です。(南のテラスなど)

 

例えばこのくらいの大きさの窓で11万7千円の補助金、
50%近くも補助金をカバーしてくれます。

 

2024年、特にカバー工法が増額されて
1か所11万4千円はデカイです。
幅1.7m×高さ2mほどの大きいテラス窓の場合です。

 

断熱性能で補助金に差がありまして
Aグレード11.7万、Sグレードなら14.9万もあります。

私はメーカー代理店勤務です、リクシル、YKKを毎日見積もりしています。

リクシルのカバー工法リプラスの場合、
Low-e、アルゴンガス入り、引き違い窓で
縁側に出るような”履き出し窓”の場合です。

 

よく出入りするところに二重窓(内窓)は不向きです。
ガラス交換もいいですが、
先進的窓リノベの補助金はガラス交換では得られません。

 

先進的窓リノベのウソみたいな多額の補助金をゲットするには
カバー工法のAグレードが適しています。

 

もしあなたがガラス交換だけど望むなら
”子育てエコホーム”の補助金になります。
あなたの家の窓枠がアルミ枠なら先進的窓リノベは使えません。

 

なぜなら窓枠がアルミなら
ガラスをどれだけ最先端のものにしても先進的窓リノベの
Uw値1,9には届かないからです。
真空ガラスのスペーシアクールにしても
Uw2.3まで、子育てエコホームの補助金までです。
あなたの家が樹脂枠ならSグレードになります。
しかしながらガラス交換は簡単なガラスの交換だけで
断熱性能がかなり上がります。

施工費も安く済みますので
見積もってみる価値はあります。

一方、カバー工法は補助金がたくさん、
外側アルミ、内側樹脂のリプラスにすれば
一回の開け閉めだけで済みますので使い勝手がいいでしょう。

大きいテラス窓はカバー工法で快適な窓に生まれ変わります。

リプラスは定価は42万、
実勢価格は業者によりますが30万~40万でしょう。

YKKのハイブリッド樹脂窓も同じくらいです。

私はメーカー代理店勤務です、
毎日、リプラスやリクシルのインプラス、
そしてYKKの新商品ハイブリッド窓も見積しています。

いまのところ、カバー工法ならリクシルのリプラスが安いです。
とはいっても定価で40万以上にはなります。
あなたの窓が幅1.6m、高さ2m程度の引き違い窓の場合です。

施工費が別途かかり、実際の値段は30~40万だと思います。

ついでにこちらから3社まで一括で同じ依頼ができます。
無料です。地域の優良店を探すならコレです。
↓↓↓
リフォームプラン・お見積もり【タウンライフリフォーム】

窓リフォームでガラス交換なら費用は?

窓リフォームでガラス交換なら
例えば幅90センチ、高さ190センチの窓なら
1枚当たり10万程度です。

真空ガラスのスペーシアにした場合です。
グレードさげて”クリアフィット”にしたらもう少し安くなります。

断熱が目的でしたら
やっぱり真空ガラスのスペーシアが一番いいです。
枠がアルミでもかなりの効果があります。

枠が結露することは少なくなるでしょう。
窓が冷えなければアルミ枠も冷たくなりにくいです。

ガラス交換は1枚10万円ほどはするかもしれません、
4枚だと40万、なかなか高いです。
真空ガラスのスペーシアの場合です。

断熱、快適さが目的なら
真空ガラスのスペーシアが一番です。
防犯がもくてきなら「ラミペーンシェルター」にしてください。
子育てエコホームの補助金
7000円~17000円がゲットできます。

YKKのカバー工法は”ハイブリッド樹脂窓”

窓リフォームのカバー工法で新商品が2024はあります。

YKKの”マドリモ樹脂ハイブリッド枠”なら
先進的窓リノベのAグレードが対象です。

縦すべり出し窓ならSグレードまで行けます。

YKKのハイブリッド窓とは
先進的窓リノベの補助金に対応するように
作られた外側アルミ、内側が樹脂の高性能なカバー工法です。

補助金は7万4千円~11万7千円。
2024は補助金がかなり大きいです。

手出しでいくなら
800×600の窓で6万ちょい、
1650×1100の窓で7万ちょい、
1650×1800の大窓で11万ちょいの手出しで済みます。

カバー工法の費用は13万~23万くらい。
大きいならもっと高いけれど、
大の1650×1800で23万くらいでしょう。

実際の金額は業者さんに来てもらって見積してもらってください。
あなたのシチュエーションでかなり変わります。
ここはだいたいの金額で参考にしてください。

カバー工法はYKKなら新商品の
「ハイブリッド樹脂枠+Low-e、ガス入り」です。

ガス入りとは、
2枚ガラスの間に空気じゃなくて”アルゴンガス”をいれると
1,5倍の断熱力がアップします。
ガス入りしにてもあまり値段が高くなりませんので、
ぜひ見積依頼されるときは”ガス入り”でされてみてください。
1.5倍の断熱で、グレードが先進的窓リノベの対象になりますから。

補助金がかなりアップします。
知らなきゃ損です。

窓リフォームでのカバー工法のデメリット

「つまづく」というデメリットがあります。

南面の履き出し窓、つまり縁側の外に出るところを
カバー工法にするときは
ちょっと5センチくらい下も出っ張ってくるんです。

だから、足がつまづく、
これがデメリットであるので知っておいてください。

二重窓(内窓)は”つまづく”ことはありませんが
2回開け閉めしなくてはなりませんので、
かなり面倒になってしまいます。

断熱や防音の性能はどちらも一緒です。

開け閉めを1回で済ませたいならカバー工法。
補助金を無視するならガラス交換です。

ガラス交換は断熱はいいけれど
防音性能はあまり効果なしです。

その代わり、今の窓の開け閉めが使えます。
ボロい窓なら思い切ってカバー工法のほうが良いです。

業者さんには”カバー工法”と
合わせてガラス交換の見積もりもしてもらうといいかもしれません。

カバー工法のほうが値段が高く、
補助金もたくさん出ます。

2024年はカバー工法が補助金が多いのでお勧めでs。

-2024リフォーム補助金, 2024先進的窓リノベ事業
-, ,