このブログはプロモーション広告を利用しています。

2024給湯省エネ補助金 エコキュート交換

【2024年】エコキュート補助金10万円、三菱だって対象機種にしたい!

最大で18万円まで補助金がもらえる給湯省エネ2024のエコキュート補助金、
三菱エコキュートの対応機種は
「SRT‐S376UZ」に無線LANリモコン「RMCB-F6SE-T」で補助金10万円です。

こちらは対象機種すべての一覧表です。

出典:三菱資料

ちなみに三菱のメーカーだと10万、12万、13万、最大18万までとMAXまで補助金がでる対象機種があります。

まず安い機種のなかで゛Sシリーズ゛を選ぶと
「SRT-S376UZ」が10万円の補助金です。

少し効率の高い「SRT-S376」だと13万円の補助金です。

ちなみに37の数字を46にすると460リットルタイプ、
補助額は370Lでも460Lでも同じで10万円と13万円です。

370リットルは3人〜4人家族、
460リットルは4人〜6人家族と思ってください、
娘さんがシャワーをバリバリ使うなら460Lです。

電気温水器からの買い替えならプラス5万の18万円。
最大MAXもらえます。

どのエコキュートを選んでも
電気温水器からの買い替えは5万円がプラスされます。

また、RMCB-F6SE-Tの「無線LANリモコン」は必須、
プラス1万円の補助金、5000円ほどしかかからないのでオススメ、
これで最大13万円の補助額になります。

13万円の補助金がもらえるのは「SRT-S376」。
リモコン品番は「RMCB-F6SE-T」。
これらをメモしてリフォーム店へ見積もりをお願いすれば最大の補助金ゲットできます。

もちろん、あなたの家が電気温水器なら18万円の補助額になります。

ついでにこちらから
一度に3社まで無料で同じ依頼ができます。
↓↓↓
リフォームプラン・お見積もり【タウンライフリフォーム】
無料です、地域の優良な工務店を探すならコレです。

Aシリーズは給湯省エネ2024の補助対象ではない

三菱のメーカーではAシリーズ以外は補助対象です。
゛Pシリーズ、Sシリーズ、EXシリーズ、
そして東京だけに販売されている”おひさまエコキュート”。

Aシリーズは対象じゃないので気を付けてください。
Aシリーズは安いですが
補助金10万円はもらえません。

また、補助金の出るSシリーズと
補助のでないAシリーズとの値段の差は10万円もありません、
だから2024年は10万の補助金がもらえる゛Sシリーズ゛にしたほうが断然オトクです。

三菱エコキュートの給湯省エネ補助対象機種の一覧

全ての三菱エコキュートの補助金対象機種は

こちらを見ればすべて把握できます。


出典:三菱資料

Pシリーズはプレミアシリーズ、値段が高いです、補助額も13万円です。

Sシリーズは値段はそこそこ、補助金が出る対象機種としては一番安いです。

EXシリーズは薄型のエコキュート。狭小地の設置に適しています。

おひさまエコキュートは昼間100%お湯を沸かすエコキュート。
電力プランが変わってお昼13円、夜16円とお昼が安い電気プランが登場してきて
それ専用のエコキュートになります。

三菱エコキュートでの補助金がでる一覧です。

A区分とは「無線リモコン」じゃない場合。
A&B区分とは「無線LANリモコン」にした場合。

定価で1万円の差なのでA&Bの「無線LANリモコン」がいいです。
実売7000円~8000円です。

エコキュート補助金「寒冷地仕様」の対象機種、三菱はこれ

ちなみに寒冷地仕様での補助金の対象機種はこちらです。

冬は凍結しそうなご家庭は

あらかじめエコキュートは寒冷地仕様にしてください。 補助金8万円~18万円まで出ます。

ついでにこちらから
一度に3社まで無料で同じ依頼ができます。
↓↓↓
リフォームプラン・お見積もり【タウンライフリフォーム】
無料です、地域の優良な工務店を探すならコレです。

-2024給湯省エネ補助金, エコキュート交換
-, , ,