このブログはプロモーション広告を利用しています。

2024リフォーム補助金 2024給湯省エネ補助金 オール電化

2024エコキュート補助金の対象機種パナソニックはコレ!Sを知らなきゃ損!

エコキュートで補助金がでる対象機種は
パナソニックSシリーズが10万円の補助金が出で値段もお手頃です。
高効率で低価格、手出し金額が一番安くできます。

品番はHE-S37LQSになります。

HE-S37LQSが補助金10万で最安ですがそのほかも補助金の対象機種はあります。

パナソニックの給湯省エネ事業のエコキュート補助金の対象機種は
JPシリーズ、Jシリーズ、Nシリーズ、Sシリーズ、
Cシリーズ、おひさまエコキュート、Wシリーズ
Bシリーズ、Fシリーズ、LSシリーズになります。

Wシリーズは薄型エコキュートになります。
薄型エコキュートは敷地が狭い場所への設置に便利です。
薄型でも補助金の対象機種はあります。

薄型エコキュートでも補助金の対象機種はあります。

品番はHE-W37KQS、高圧タイプだとUがつきます。

シャワー圧が強く、普通のタイプより1.4倍です。

私はメーカー代理店に勤務しています。

パナソニック、三菱、日立、ダイキン、

補助金対象エコキュートはいろいろありますが
なかでもパナソニックSシリーズがお手頃です。

Sシリーズは値段が安いうえに補助金が10万円も出てくれます。

SシリーズはA

もし、あなたの家が電気温水器ならさらに5万プラス、15万円の補助になります。

品番はHE-S37LQS。(460LタイプならHE-S46LQS)

効率3.5で条件クリアーです。

お湯を沸かす効率が良く、

年間で2000円ほど、補助金が出ないエコキュート(効率3.3)よりも
電気代を安く
しながらお湯を沸かしてくれます。

効率が0.1上がると年間で1000円ほどメリットがあります。

 

補助金が出るSシリーズと
補助金が出ないNSシリーズの価格差は4~5万円くらい
です。

 

ということは補助金が10万円でる
Sシリーズのエコキュートを買った方が
結果的には6万円も安く買えることになります。

 

2024年だけは「給湯省エネ事業」が多額で
国から補助金がたくさん出ます。

ついでにこちらから無料で見積の依頼ができます。
↓↓↓
リフォームプラン・お見積もり【タウンライフリフォーム】
地域の優良業者が探せるので便利です。

予算がなくならないうちにエコキュート交換されておくほうがいいかもしれません。

※5/9追記 1か月で17%消化

予算580億円が使い切られたら終了です。
新築住宅へも使われています、
意外と早くなくなるかもしれません。

電気温水器からの交換の5万補助金は8月、9月には無くなりそうで
早めにしないと間に合わないでしょう。
補助金は設置し終わってからの申請です、もらうまで3カ月ほどかかります。

とにかく、2024年はエコキュートの補助金が破格すぎて国が大判ぶるまいです。
「給湯省エネ事業」は2023年5万円だったのに対し、
今年は最大で18万円ももらえるようになりました。

最大18万円もらうにはJPシリーズ

18万円もらうには、JPシリーズというプレミアムクラスになります。
13万円の補助額が出て、さらにあなたの家が古い電気温水器である必要があります。

パナソニックJPシリーズは13万円の補助がでるエコキュートになります。

品番はこちらです。省エネ基準は111%もクリアしています。

しかしながら、13万円の補助がでるエコキュートはとても値段が高いので注意が必要です。

手出し金額を少なくしたいなら10万円の補助のSシリーズが一番良いです。

パナソニックエコキュートSシリーズは値段が安くて
補助金10万円なので今のところ一番人気になっています。

私はメーカー代理店勤務です、パナソニックの他にも
三菱、ダイキン、日立、いろいろ扱っていますが
パナソニックエコキュートが性能面と価格面で一番いいと思います。

3社まで地域の業者さんを教えてくれます。
ちなみに補助金の申請は業者さん(リフォーム店や工務店)がやってくれます。
あなたが申請する必要はありません。

大切なのは補助金が終了するまでに申請してもらうこと。
取り付け工事が終わってからの申請です。
知っておいてほしいです。

まだ始まったばかり。エコキュート交換するなら今がチャンスです。

パナソニックエコキュート補助金10万円のSシリーズとは

パナソニックのエコキュートで10万円の補助がでる
Sシリーズは高効率で新発売されたものです。

ちなみにスマートフォンで遠隔操作でお湯が貯めれます。

アプリで外出先からお湯をためることができます

パナソニックの補助金対象のエコキュートの品番は
「HE-S37LQS」。
370Lのタンクにお湯がためれるタイプです。

460Lのタイプもあり、
これも同じように補助金10万円が得られます。
品番は「HE-S46LQS」になります。

 

タンクの足が4本ある(普通は3本)ので地震に強いエコキュートともいえるでしょう。

Sシリーズは災害時に自動でお湯をマンタンにしてくれます。
エマージェンシー機能が万が一のときに大助かりになるでしょう。

災害時はお湯を満タンにする

もしあなたの家に古い電気温水器が設置されているならば
5万円、追加で補助金が加算されます。合計で15万円の補助額になります。

エコキュート補助金対象のパナソニックの特徴

エコキュート補助金10万円の補助金の対象エコキュートの特徴は
災害時にも強いという特徴があります。

「エマージェンシー機能」といって、
もし地震がきたら自動的にタンク370L(460Lのタンクなら460L)の中に
50℃~60℃のお湯を満杯に入れてくれます。

停電をしてもしばらくはこのお湯を薄めて
生活に使う水として使えます。
もちろん、トイレを流す水としても使えるでしょう。

断水してもしばらくは大丈夫です。

他にも、効率が良いので年間ですが2000円ほど
普通のエコキュートよりも光熱費が浮きます。

年間保温効率3.5と明記してあり、
それは今使っているエコキュートは
3.3が多いです。0.2の効率の違いは年間で2000円くらいです。

全メーカーの補助金対象エコキュートはこちらのページで詳しく紹介しています。
↓↓↓

 

 

パナソニック薄型エコキュートWシリーズなら補助対象

 

あなたの家の敷地がせまくて
薄型エコキュートしか入らないなら
パナソニックのWシリーズにすると補助金も得られます。

品番は370LタイプでHE-W37KQS。

(WUと書いてあるのはウルトラ高圧タイプ、3Fまで使えます)

Wシリーズは効率も良くて薄型のエコキュート。
10万円の補助額になるので
他の薄型エコキュートにするくらいならこのパナソニックのWシリーズ薄型にしたらよいです。

 

-2024リフォーム補助金, 2024給湯省エネ補助金, オール電化
-,