このブログはプロモーション広告を利用しています。

2024子育てエコホーム支援事業 勝手口ドア

勝手口ドアの交換費用はいくら?原価ギリギリ価格さらに補助金!

勝手口ドアだけをリフォームで交換するなら相場は20万円で
さらに補助金が4万3千円でます。

リクシルのリシェント勝手口ドアで
幅75センチ、高さ2.2メートルの勝手口として
”断熱仕様”+通風タイプ。

H型、Low-eガラスにするとZEHレベルの勝手口ドアになります。
補助金は4万3千円です。 子育てエコホーム支援事業の補助金です。

せっかくならZEHレベルの断熱性能も高い商品のほうが
冬に寒くないようにできるのと、
通風タイプで夏は風が取り込めるように検討してみてください。

【勝手口ドアの交換に2024年は補助金】

2024年は国の補助金「子育てエコホーム支援事業」という制度で
ドア交換に32000〜49000円の補助があります。

内窓リフォーム勝手口ドア

勝手口ドアもドア交換の対象で
断熱仕様でZEHレベルにすると補助金が4万3千円になり、
勝手口ドアの交換費用は20万円ほどになります。

定価は35万円ほどしますので
リフォーム業者や工務店によって金額の差はあります。

安くすると”省エネ基準レベル”で32000円、
断熱仕様だと”ZEHレベル”の
いい商品だと補助金も4万3千円とアップします。

いずれにしても勝手口の交換の費用は15万~25万です。
2024年は補助金があるので
「子育てエコホーム支援」ぜひ知っておいてほしい制度です。

ついでにこちらから3社まで
無料で見積もり依頼ができます。
↓↓↓
リフォームプラン・お見積もり【タウンライフリフォーム】
あなたの地域の優良店を教えてくれます。

【勝手口ドア+内窓設置で2つの補助金】

2024年は内窓も一緒に取り付けた方が断然オトクです。

先進的窓リノベ事業の内窓設置と
勝手口ドアの補助金「子育てエコホーム支援」と合わせれば
効率よく補助金が得られます。

勝手口ドアの補助金は4万3千円です、
実は5万円まで補助金を増やさなければならず、
子育てエコホームの補助金をもらうためには勝手口ドアだけじゃもらえません。

それを解消するために、
安く窓リフォームできる”内窓設置”があります。

内窓設置は窓リフォームの中で
一番安く取り付けできるリフォーム方法で
50%ほど補填してくれる制度です。

1カ所あたり2万9千円~6万8千円の補助額、
設置費用の半分ほどを負担してくれます。

国の2つの制度をうまく活用することが
勝手口ドアだけをリフォームするのとあまり変わらない手出しになってきます。

勝手口ドアの補助金は4万3千円です

内窓を5万円以上の補助金分、設置することで
勝手口ドアだけ交換でも補助金が得られるでしょう。

勝手口ドアを”断熱仕様”で交換すると補助金アップ

勝手口ドアは断熱仕様にすると1万円ほど補助金がアップします、
正確には1万1千円、
32000→4万3千円の補助額になります。

勝手口ドアをおしゃれにするデザイン

リクシルのリシェント勝手口ドアならH型にすると
けっこうおしゃれなデザインになります。

風通しもできて便利、
古い勝手口ドアを交換するなら
せっかくならおしゃれなH型がおすすめです。

 

勝手口ドア交換をDIYで。自分でやるよりお得に済ませる知っておくべきこと

勝手口ドアをDIYすると補助金は得られません、
2024年はDIYするより
工務店に依頼して補助金を得る方がオトクになります。

子育てエコホーム支援事業、これだけは知っておいてほしい国の制度です。

勝手口ドアはカバー工法だと1日リフォームできる。

勝手口ドアは、基本カバー工法になります。

カバー工法とは今のドア本体は処分しますが、
枠はそのままの状態に
上から覆うようにカバーして新しくしてしまう交換方法。

見た目が一新する割にはシンプルなやり方で人気です。

1日でリフォームが終わり、
次の日から新しい勝手口にできます。

-2024子育てエコホーム支援事業, 勝手口ドア
-, , ,